July 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

コラム

July 20, 2024

アブラゼミ(2024)

2024/07/20 午後はエアコンを入れて外に出ないので気がつかなかったがアブラゼミが鳴き始めていた。

July 05, 2024

再び帝国主義の時代?

近頃のロシアや中国の動きを見ると、18~19世紀に列強が軍隊を派遣して好き放題に領地w切り取っていた様子を思い起こさせる。 強い軍事力を持つ国は何をしても許される、そんな時代に戻っているかのようだ。

人下は書くも進歩の無い生物なのだろうか?

July 04, 2024

同じ構図

旧優生保護法に対する違憲判決が確定した。 優生保護法が的外れと判明してから長く廃止されなカット言う点ではハンセン病や発癌性が貞節となってからも長く規制が変更されなかったアスベストと同じ構図だ。

なぜ日本政府は(そして国会もだ)不適切と明らかになった法に固執するのか? それは日本が忖度社会である事と関係があるかも知れない。 誤りと分かった法の制定に力を尽くした大物学者や政治家に忖度するからでは無いだろうか。 当該人物が存命でそれなりの地位にある間は忖度して批判に当たる媼行為は避けるのでは無いか、そう思われる。 だがそこには被害者に対する忖度は存在しない。 これが日本の問題t連だ。

July 01, 2024

クマゼミの季節

7月に入ってクマゼミの季節が始まる。 私が住む神戸では毎年7月5日頃に初鳴きを聞くのだが今年はどうあろう。 雨の翌日の晴れ間に鳴き始めることが多い事を考えると、今年は7月3日あたりの可能性が高そうだ。

まもなくクマゼミ大合唱で朝寝が出来なくなる季節になる。

2024/07/09;
5日頃から少し鳴き始めているが十数秒で中断し、しばらくするとまた短時間鳴く事を繰り返していて連続しては鳴かない。 しかも9時前には静まってしまう。 今年はクマゼミにも暑すぎるのだろうか?

2024/07/13;
やっとクマゼミが増え始めた。 朝の7時頃から鳴き始め気温が上がる11時頃まで鳴くようになってきた。 ただまだ数は少なく「セミ土砂降り」にはほど遠い。

June 26, 2024

大口女

最近は口の大きな女性が人気なのだろうか。

かつては口は小さい方が好まれ、さらに歯を見せるな、大口を開けて笑うななどと言われたものだ。

しかし今は口が大きな女性タレントが目立つ。 どうかすると両目の目尻の幅より口青お黄粉ともある。 そして演出なのだろうが歯をむき出し、大口を開けて笑うことが多い。 口の大きな女性がクワッと口を大きく開けると、うわばみあるいは口裂け女か夜叉の様で気色が悪い。

ただし大口の女性が人気なのは今の所日本だけのようで、中国や韓国の女優では見かけない。

June 22, 2024

井戸の活用を

各地で上水道労金の引き上げが起きているそうだ。 理由は設備の維持費や更新費用がかさんでいるためだと言う。 特に人口密度が低い地域では集中型配水設備が大きな負担になっているようだ。 引き上げ後の料金が月に1万円を超える所もあると言う。

それならば井戸やわき水、谷川の水を活用してはどうだろうか。 飲用には保健所の検査に合格する非梅雨があるだろうが雑用水には十分だろう。 生水を呑むので無ければ飲食にも使えるだろう。 必要があれば閣子あるいは地域共同で浄水設備を置いても良いだろう。 費用は月1万円の上水料金とさほど変わらないだろう。 さrにこの方が地震のような広域災害には強く復旧費用も安いだろう。 下水処理も昔まえの浄化槽記述を活用すれば延々と下水管を引く必要はなくなる。




June 21, 2024

梅雨入り

近畿地方に梅雨入りが発表されたが、神戸では朝型の雲が晴れ上がりさらっとした北風が吹いて爽やかな天気だ。例年通り梅雨入れが派票されると数日間晴天が続くのだろうか。

予報が当たらないのは前線の位置が数十キロ南北にずれるだけで天候が全く変わるからだ。ことしも予報し泣かせの梅雨になりそうだ。

June 16, 2024

No break,No life.

ブレーキの無い車のように、暴走のあげく奈落に落ちる若者のいかに多いことか。

暴走は自分の人生を失う事につながると知るべし。

June 12, 2024

日本政府は学習しない

PFASに関して日本政府は有害性を示す情報は無いと言い張っているようだ。これはアスベストの時と同じ態度だ。アスベストも、政府は欧米の政府機関から発癌性が報告されているのに情報が無いとして10年間対策を取らなかった。PFASについても同じ事を繰り返すつもりのようだ。

May 31, 2024

外野手のボーンヘッドでサヨナラ負け

本日(2024/05/31)の中日オリックス戦を見ていたが、中日は外野手のボーンヘッドでサヨナラ負けを喫してしまった。

9回裏ワンアウト1,3塁でオリックスが浅いレフトフライを打ったのだが、中日のレフトはバックホームせずにショートに返球した。 通常ここは3塁ランナーが一か八かで本塁に突入する所だがなぜバックホームしなかったのだろうか。 MLBであれば逸れる事を恐れずにばバックホームするところだ。 想像だがレフトは打球が浅かったためホーム突入は無いと決め込んだのだろう。

ショートは慌てて本塁へ送球したが余裕を持ってセーフになってしまった。 レフトから直接バックホームされていたら少なくともクロースプレーにはなったろう。 中日にとっては高価なボーンヘッドになってしまった。

より以前の記事一覧