July 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 靖国神社への違和感 | Main | セミの主役交代 »

August 16, 2021

アフガニスタン政府が崩壊

一昨日は1~2ヶ月持つかと書いたが、事態が急速に進み始め昨日は1~2週間持つかと書いた。 しかし後ろ盾の米国に逃げられた政府側は完全に戦意を喪失したようで大統領が国外に逃走して決着が付いたようだ。 また政府側に付いていた軍閥も国外に逃走しつつある様で、既にアフガニスタン国内に対抗勢力は無さそうだ。 こんごは寄り合い所帯であるタリバンがどの様に統治体制を整えるのかが鍵となるだろう。

タリバンの中にもイスラム強硬派とやや穏健な集団がある様で、これらの間で折り合いが付けば革命当初のイランのように外部からは手出しが出来ない国になるだろう。 また、これでイランから中国まで反米国の強力な版図ができあがる。 もし、不安定な様相を見せているイラク政府が崩壊すれば、地中海から太平洋まで連なる反米国地帯ができあがることになる。 これはロシアとその衛星国を含めてユーラシアの東半分の大部分を占める。 米国の外交および軍事にとって大きな痛手だ。

« 靖国神社への違和感 | Main | セミの主役交代 »