April 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 安倍政権が対朝制裁緩和を検討 | Main | US-2に空中給油機能を »

March 29, 2014

Philips 234E5QHSB/11 LCDモニター

これまで使ってきた19型(4:3)モニターよりも広い画面が欲しくて23型(ワイド)モニターを購入した。

購入したのは Philips 234E5QHSB/11 でパネルがIPSで視野角が広い事と、その割に価格が安い事が理由だ。置き場所としては27型がぎりぎり置けるのだが、価格が1万円高いので今回は23型で妥協した。

日本メーカーと取説の書き方が違うのでまだ勝手がわからないところが多いが、どぎつくない範囲でクリアーな色合いが見やすい。ただ、色設定をsRGBにすると明るすぎてややまぶしいが輝度調整ができない。そこで通常は色温度6,500Kに設定して、写真の調整時にだけsRGBにすることにした。色設定にsRGB、9,300K、色比較用標準光源6,500Kと3原色を個別に手動で設定するユーザー設定しかないが、もう一つの色比較用標準光源である5,500Kがあっても良かったと思う。

なお、「ドライバーのインストール」は説明書通りではできなかったが、「ドライバーファイル」の中身を見るとカラープロファイルだけだったので手動でインストールした。

補足すると、入力が3系統(DSUB+HDMI×2)あり切り替えができるので、PC切り替え器なしで複数のPCを切り替えて使用できる。また、スピーカーは内蔵していないが、HDMIからのオーディオを出力するイヤフォンジャックがあるので、HDMIで接続している場合にはここからアクティブスピーカー用の出力をとる事もできる。LCDの内蔵スピーカーの貧弱な音を嫌う人には便利かもしれない。

追記(2014/03/31);
D-SUBから入力するとPCの起動ロゴ画面が右端に寄った状態で表示されるが、HDMIから入力するとこれが中央に表示される。入力信号処理ルーチンに違いがあるのだろうか?
問題にするような事ではないが、何故そうするのかには興味がある。

« 安倍政権が対朝制裁緩和を検討 | Main | US-2に空中給油機能を »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Philips 234E5QHSB/11 LCDモニター:

« 安倍政権が対朝制裁緩和を検討 | Main | US-2に空中給油機能を »