July 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 白鵬連敗で相撲人気回復するか? | Main | 凍結路でのスリップ »

January 20, 2011

メディアは非難疲れ?

ここに来て、菅氏が持ち前の頑固一徹ぶりを発揮し始めた一方で、メディアの政権非難がトーンダウンしているように見える。

国会が開かれていないこともあるのだろうが、非難のタネが切れ始めたのか、あるいは根負けし始めたのか?

菅氏が、ここ数代の政権になかった現実を直視した路線に舵を切った事に対する非難も見られるが、それも内容が無く負け惜しみのように聞こえる。手厳しい非難を続けるには、メディアの側の勉強が不足しているのだろう。

それは野党も同じだ。かつて野党時代の民主党や社民党がやっていたことを、そのまま繰り返しているのでは情けない。メディアも野党も現実を見据え、実行可能な政策を提案できるよう、基本から勉強し直して欲しい。

国民に必要なのは政局ではなく政策なのだから。

« 白鵬連敗で相撲人気回復するか? | Main | 凍結路でのスリップ »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference メディアは非難疲れ?:

« 白鵬連敗で相撲人気回復するか? | Main | 凍結路でのスリップ »