April 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 金木犀が今頃 | Main | エベレスト山頂も市街地並み »

November 08, 2010

日本シリーズ;両チームの執念に賞賛を

とうとう決着が付いたが、久しぶりに見応えのある日本シリーズだった。最後のアウトまで試合をあきらめない両チームの執念と気迫が、見るものを大いに楽しませてくれた。

プロが高校野球並みの集中力で試合をすれば、こんな緊迫感がある試合になると言う見本のような気がした。プロにしてはつまらないミスもあるにはあったが、これは気合いが入りすぎての空回りとして許すことにしよう。

フルシーズンこのような試合をしていては、選手もスタッフも持たないだろうが、ブランドチームの淡泊な試合と較べると遙かに面白かった。

それはそれとして、ブランドチームはブランド選手への依存度が高く、終盤では中心選手に使われすぎによると思われるバテが見られた。それに較べると、この両チームは計画的に選手を使い、選手が活躍できる体調を保ったことが好結果につながったと思う。二試合連続の延長戦となった最終戦では、中日の選手の消耗の方がやや大きいように見えたが、短期決戦では選手を温存してはいられないのは言うまでもない。あそこまで戦った両チームの選手を賞賛すべきだろう。

MLBでは、選手が年間を通じて良いプレーができるよう、時折休ませるのが常識となっている。疲労からくる怪我の防止という要素も大きいようだが、選手の体調を維持してファンが楽しめる試合をする、と言う事が最重要の命題だからだろう。もちろん、終盤の重要な場面で活躍してもらうためでもあるだろうが。

勝利の方程式などと言って選手を酷使し、消耗させてしまうのはばかげている。疲労がたまれば試合での集中力が低下するのも当然だ。だから、日本のプロ野球もMLBの考え方を取り入れて、選手が年間を通じて活躍できるよう使い方に工夫をして欲しい。そうすれば、もっと緊張感のある試合が多くなると思うのだがどうだろう。

« 金木犀が今頃 | Main | エベレスト山頂も市街地並み »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本シリーズ;両チームの執念に賞賛を:

« 金木犀が今頃 | Main | エベレスト山頂も市街地並み »