April 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 相撲協会への批判高まる | Main | 政策のパクリは昔から »

June 18, 2010

蓮舫氏変節?

「2位では駄目なのか」で話題を呼んだ蓮舫氏が意見を変えたらしい(記事)。

「1位を目指すのは当然」とのことだが、スーパーコンピューター計画が目指していたのは「1位になること」ではない。目指していたのは今後の基礎科学や先端科学の計算で「必要な能力を持つ」コンピューターを建設することであって、それが「結果として1位になる」と言うことだ。「1位を目指すことと」「結果として1位になる能力を目指す」とでは全く意味が違う。

米国防総省はソニーのPS3を4,000台連結して安価な小型スーパーコンピューターとして使っているらしい(関連記事)。手軽に使えるスーパーコンピューターとしてはそれで間に合う場合もあるのだろう。しかし大規模なシミュレーション計算にはとても間に合わない。信号伝送速度の限界から、連結して使える台数には限度があるからだ。そのためにはより高速大容量の新規CPUが必要だ。巨大容量のスーパーコンピューターの開発に多額の資金が必要な理由はこれだ。

現状では、日本最大のスーパーコンピューター「地球シミュレーター」でも、さらに計算精度を上げるには能力が足りなくなっている。と言うより、スパーコンピュータを使わなければならない研究が増加し続けているため、いくら能力を上げても足りないと言う方が正しい。現有のスーパーコンピューターにかけるための順番待ちをしている課題も多いと聞く。日本のスーパーコンピュータ計画はそんな現状を打破するためのものだ。

一方で、順番待ち時間を減らすため、PS3のCPU(あるいはIBM製の高性能版)を使って、安価な小型スーパーコンピューターを量産すると言う事も考える価値はあるだろう。PS3用CPUはIBM製の4分の1しか能力がないが、量産されているだけにとにかく価格が安い。うまく利用すれば、超大型スーパーコンピューターに掛けたい課題の予備計算(パラメーターの絞り込み等)や計算モデルの妥当性評価に活用できるだろう。

蓮舫氏が、人気取りのための官僚いじめパフォーマンスから卒業したのであればよいが、単に「はやぶさ」人気に便乗しようとするのであればこまったものだ。取り巻きさん達も、親分をサポートできるようにしっかりと勉強して欲しい。

« 相撲協会への批判高まる | Main | 政策のパクリは昔から »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 蓮舫氏変節?:

« 相撲協会への批判高まる | Main | 政策のパクリは昔から »