April 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 早速の閣内不協和音 | Main | 謝罪会見は総括と同じ »

September 18, 2009

アメリカの大義は神の意志

米国人がアメリカ流を振りかざして世界に押しつけるのは、どうやら米国の建国の精神に由来する物のようだ。

ナショナルジオグラフィックの記事によると、1ドル札の裏面に描かれている「プロビデンスの目(ピラミッドの上に付いた目)」は「アメリカの大義が神の意志である」ことを表しているのだそうだ。熱心なキリスト教徒が多い(プロテスタント的原理主義者も多い)米国では、神の意志は絶対の正義であり、それに従うことはキリスト教徒としての義務であることになる。そして世界に神の意志をひろめることも。

どうやらこれが米国流を世界に押しつける理論的根拠になっているようだ。米国人にとってはそれが空気のように自然なことであり、異なる考え方を尊重するのは神の意志に反する誤ったことに感じられるのだろう。


追記(2009/09/18);「プロビデンスの目(Eye of providence)」はフリーメイソンの多数の紋章のうちのひとつとしても有名だそうだ。
             参考:providence=神の意志、摂理, Providence=神

« 早速の閣内不協和音 | Main | 謝罪会見は総括と同じ »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アメリカの大義は神の意志:

« 早速の閣内不協和音 | Main | 謝罪会見は総括と同じ »