April 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 秋の長雨 | Main | 近頃巷に流行るもの »

August 29, 2007

朝青龍帰国(2)

それにしても高砂親方は何をしについて行ったのか?

医師がついて行くのならば理解できるのだが、親方では療養の障害になりに行くようなものだろうに。恐らく、相撲協会は医師も信用しないと言うことなのだろう。

今回の騒動を見ていると、相撲協会は自分の体面を気にするばかりで、鬱については全く無知であることをさらけ出している。同じことはマスコミについても言える。

鬱状態にある人は、何かを他人と議論するきになれるはずがないし、まして記者会見などできるはずもない。仮病ではないかとの勘ぐる人達も多いが、鬱状態にある人は仮病を使っているように見えることも多いのだ。だから病状の判断と、治療の要否は医師に任せるべきだ。素人のうがった見方など有害無益と知るべし。

« 秋の長雨 | Main | 近頃巷に流行るもの »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 朝青龍帰国(2):

« 秋の長雨 | Main | 近頃巷に流行るもの »