July 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« MDの商品寿命は尽きかけているようです | Main | 世界の中心で・・・ »

June 22, 2004

巨人をプロ野球から追放しよう

プロ野球の再編への一番の早道は、プロ野球機構から巨人軍を除名指定しまう事だと思います。 他の球団が巨人人気に負ぶさり、巨人軍のほうもそれを知っているから他球団に迷惑をかけるような行為を平気でするのです。 このまま放置すれば最後には巨人と阪神だけしか残らないかもしれません、それではプロ野球が成り立ちません。 多数の個性的な球団かあって、変化にとんだカードが組めてこそプロ野球は面白いのですから。 一部の球団だけが利益をあげ、他の球団が営業赤字では結局全体が共倒れになってしまいます。

いっそのこと巨人軍には日本のプロ野球から退場願って、メジャーリーグ入りを目指してもらい、他の球団でリーグを組む方がプロ野球が全体として生き残る可能性が高いと思います。 SFジャイアンツを買収して読売巨人軍と合併し、メジャーリーグ入りするなどと言うのはいかがですか渡辺さん。 もちろんフランチャイズ球場が東京ドームでは試合が組めませんが、年に何度か東京で試合を組めば良いでしょう。 東京ドームにできる日程の空きは、Jリーグが国立競技場でそうしているように他チームが交替で使えばよいでしょう。

また、球団の経営陣に経営姿勢の問題があるにせよ、選手たちにも赤字企業の営業マンであるという認識が無いのは問題です。 プロ野球の顧客は一般のファンたちであり、プレーヤーこそ最前線の営業マンなのですから。

2004/06/22 馬納戸昇(UMANANDO NOBORU)

« MDの商品寿命は尽きかけているようです | Main | 世界の中心で・・・ »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 巨人をプロ野球から追放しよう:

« MDの商品寿命は尽きかけているようです | Main | 世界の中心で・・・ »