January 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

コラム

January 28, 2023

スノーシャフト

(2023/01/28 16時頃)
ふと外を見ると、大阪湾の対岸近くで雲の底が抜けて筒状に雪が降っているのが見えた。 その向こう側は見えないのでかなり激しく降っているようだ。

良く言う「レインシャフト」の雪版で、いわば「スノーシャフト」だ。

ドラセナの花

今年もドラセナの花が大きくなってきた。 花房の直径は2.5cmほど。 まもなくゆりに似た香りのある白い花が開く。個々の花は一夜花で翌日の午前中にはしおれてしまう。

これはドラセナ・スルクローサの一品種らしいが、直径4~5mmの笹に似たまっすぐな茎を1m以上立てて株立ちし、いわゆるドラセナ・ゴッドセフィアナとは全く異なる姿だ。 ネットで探してもヒットすることはごくまれだ。 我が家には何かの懸賞の賞品として送られてきたが、それ以来20年以上になる。
Surukurosa0 Surukurosa
Suruhanaこれが数年前に咲いた花の画像
夜に咲き、翌日の午前中にはしおれてしまう。

彩雲の季節

冬は彩雲の季節だ。 太陽の近くの雲が美しく色づいているのをしばしば見かける。
下の写真は今朝方見た彩雲だ。 あまり鮮やかではないが、この程度のものはよく見る。 
Saiunnjpg

January 26, 2023

南岸低気圧

明日は南岸低気圧が通過するとの予報。 春先に太平洋岸に雪を降らせるのは大抵この南岸低気圧だが、通常は通過後に南風が入るので暖かくなり雪はすぐに解けてしなう。 しかし今回は寒気に覆われている中での通過なので、いつもとは様子が違うようだ。 湿り気の多い重い雪が大量に降り、溶けずに残ると次第に氷に変わって処理が厄介になる。 大雪にならない事を願いたい。

雪雲(2023/01/26)

今日は昨日より気温が上がって、風も弱まっている。 しかし山麓の我が家から大阪湾を見渡すと、対岸の金剛・葛城山地のあたりには分厚い雪雲がかかっている。 まだまだ寒さは続きそうだ。

January 25, 2023

ドイツが戦車供与に同意

ドイツが自国製のレオパルト2型戦車を供与すると発表した。 また従来第三国への譲渡にはドイツの同意を必要とするとしていたが、同意無しの譲渡も認めるとしたそうだ。

これらの動きに、米国もエイブラムス戦車の供与の準備を始めたようだ。 レオパルト2だけに名をなさしめるわけにはいかないという米国の軍需三号からの突き上げもあったかも知れない。

どちらも世界最強と言われるだけに、供与される数量によってはロシアを窮地に追い込む可能性はありそうだ。

スリップ注意(2023/01/25)

日が落ちて気温がどんどん下がっている。 こうなると坂道だらけの神戸ではスリップが恐ろしい。

日中交通量が少ない道では雪が完全には消えず、路面が濡れたままになっているところがあるだろう。 そうした場所は気温低下で再び凍結するが、その表面は平滑で極めて滑りやすくなっている。 こうなると、スタッドレスタイヤでも簡単に滑る。 上り坂ではスタートが出来ないし、下り坂ではブレーキを踏んでもすぐには止まらない。

普段から六甲山上に出かける事がある車はスタッドレスタイヤをはいているだろうが、普段市街地しか走らない車はノーマルタイヤだろう。 そんなノーマルタイヤが多い状況では、自動車の運転は極めて危険だ。 だから今夜は急な坂道が多い南北方向の道は走らない方が良い。

January 23, 2023

増税は不可避;ツケの先送りはもう無理だ

防衛費、景気対策、少子化対策など、岸田政権が掲げる政策は新規財源を必要とするものばかりだ。 国債増発でと主張する者もいるが、それは単に後の背f¥第二つけ回しをするだけのことで、後年度に国債償還費が膨らむことになる。

従って、安定した財源を得るには、また後の世代に負担を押しつけないためにも増税は避けられない。 その為にはまず歳出見直しでと言う事にはなるのだが、歳出のそれぞれには自民党議員の利権が絡んでいるので削減には激しい抵抗があるだろう。 また既に建設済みのインフラなどの箱物の維持補修費も必要だし、医療、警察など、生活の安全安心の為の費用もこれ以上は減らせず、むしろ増額が必要だろう。

それや是也を考えると、今まで無分別に膨らませてきた国家予算の付けをここで払うべきだろう。 その為には国民の生活スタイル、コストがかかる小家族制度の見直しなども必要だろう。 今必要とされている社会サービスの中には、複数世代家族であれば削減出来るものもあるからだ。

また、政治家が集票に効果があるとして執着する箱物建設も、必ず維持補修費という後年度負担を伴うので今後は厳しく絞り込むべきだろう。

January 14, 2023

少子化の原因?

新聞やネットの記事を見ている内に、少子化の原因はジェンダーレスの称揚にも有るのでは無いかと思うようになった。 男女差の縮小が男女が互いに興味を持たなくさせているのではないかと思い始めたのだ。 男女は異なっているから互いに興味を持ち、惹かれ合うのではないのだろうか。 しかし違いがなければ興味を持たず、惹かれ合うこともない。 それが男女交際が減少して、共に生活したいと思うことも減っている。 それもまた、少子化の原因の一つではないだろうか。

January 13, 2023

黄砂?

今日(2023/01/13)の午前中は風景が汚れたような黄色に霞んで、まるで黄砂が襲来しているかの様だった。 午後になると次第に視界が効くようになり光の黄色みも減ったが、早くも黄砂襲来かと思う様な1日だった。

気象台は黄砂を発表していないが、中国の砂漠地帯で雪が少なかったため早くも飛び始めているのかも知れない。

この所気象現象はますますおかしくなっている。 日本と米国は寒波と冬の嵐に襲われ多のに対して、ヨーロッパは熱波で25℃を超えたところもあったそうだ。 また、この数日カリフォルニアは豪雨で洪水が発生しているのだという。 気象現象は荒っぽくなるばかりだ。 とんでもない気象災害が起きないことを祈ろう。

より以前の記事一覧