March 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 民主党代表選挙に対する主要各紙の評価 | Main | 戦後回帰? »

June 04, 2010

マキャベリ「君主論」;もう一つの読み方

ふと気まぐれを起こして、マキャベリの「君主論」を読み始めた。

まだざっと目を通しただけだが、所謂「マキャベリズム=冷徹な権謀術数論」とは別の面があることに気づいた。

もちろんこの書は小ロレンツォ・ディ・メディチに献呈されたものであり、君主たる者いかにあるべきかと説くものであることには違いない。しかし同時に、被統治者(貴族や民衆)が統治者に対して何を求めるのかを、将来の統治者(君主)に説明するという面がある。

これを今の日本に置き換えると、統治者=首相、被統治者=有権者あるいは国民、と言う事になる。つまり、首相が有権者の支持を得るためにはどう振る舞い行動すべきかと言う読み方もできるのだ。今の政治家にはそのような考え方(教養あるいは素養)が欠けている者が多い。政治家を志す者には是非ともその視点から読んでもらいたい。

と言うわけで面白くなってきたので、もう少し読み込んでみるつもりだ。

« 民主党代表選挙に対する主要各紙の評価 | Main | 戦後回帰? »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マキャベリ「君主論」;もう一つの読み方:

« 民主党代表選挙に対する主要各紙の評価 | Main | 戦後回帰? »