March 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 珍しいことだが、石原慎太郎に同感 | Main | 政治家の資質 »

May 14, 2010

光子帆船「イカロス」

来週(2010/05/18)に2機の金星探査機が打ち上げられる。一機は金星の大気を詳細に観測する「あかつき」だが、もう一機の「イカロス(IKAROS)」に私は注目している。

なぜかと言えば、これが初めての「光子帆船」だからだ。光子帆走が考えられたのは古く、いくつものSFに登場してきた。SFというと超光速宇宙船が定番だが、どことなくロマンティックな光子帆船も捨てがたい。中でもアーサー・C・クラークには「太陽からの風」という印象深い短編がある。

今回打ち上げられる「イカロス」は、その光子帆走技術の実証実験を行うのが目的だ。上記の「太陽からの風」には光子帆船に発生しそうなトラブルが幾つも出てくるが、「イカロス」ではどのような成果が得られるのか楽しみにしている。

JAXAの紹介サイト; 「いかろす」、「あかつき」 いずれもPDF文書
「太陽からの風」; 「太陽からの風」アーサー・C・クラーク著
           山高昭、伊藤典夫訳、ハヤカワ文庫SF292(1978)収載

余談1(2010/05/20)
夏目漱石の「三四郎」に登場する、「野々宮さん」が研究しているのが光の圧力だったような気がするのだが、まちがっていたらごめんなさい。

« 珍しいことだが、石原慎太郎に同感 | Main | 政治家の資質 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 光子帆船「イカロス」:

« 珍しいことだが、石原慎太郎に同感 | Main | 政治家の資質 »