January 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 対海賊護衛の主体を何にすればよいのか? | Main | 景気刺激は富裕層への課税強化で »

April 21, 2009

了見が狭い

麻生首相は朝日新聞の批判がよほど応えたと見えて、記者会見などで朝日新聞の質問には答えないそうだ。それをまた産経新聞はうれしそうに報道する。

四大全国紙(朝日、毎日、日経、読売[50音順])に比べると、報道内容が大衆紙(芸能ゴシップ紙、スポーツ紙)に近い産経新聞だが、麻生首相も産経新聞も了見が狭い。

政治家は了見が狭くては一流とは言えない。自民も民主も党首たる者の了見が狭く、度量も不足している。日本人として、2大政党を自称する両党の党首がこれでは恥ずかしく情けない。両党とも日本を代表する政党としては落第で、次の選挙の投票先も決めようがなく思いあぐねるばかりだ。

参考までに言うと、民社党時代から民主党に投票してきたが、自民党亜流に落ちぶれた民主党には次回は投票しないつもりだ。

« 対海賊護衛の主体を何にすればよいのか? | Main | 景気刺激は富裕層への課税強化で »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 了見が狭い:

« 対海賊護衛の主体を何にすればよいのか? | Main | 景気刺激は富裕層への課税強化で »