March 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« NOVAの破綻 | Main | 劣化ウランの活用を »

October 28, 2007

山林荒廃対策

今、山林の荒廃が言われている。大きな原因の一つは木材価格の低迷だといわれている。費用がまかなえないため間伐が行われず虚弱な木が多くなっている。あるいは行われていても搬出できずに放置されている。

虚弱な木は斜面をしっかり固定できないため、台風や集中豪雨によって崩落を起こす。また、放置された間伐材や倒木は大雨で流出して下流に被害を及ぼす。このように山林の荒廃は国民生活の安全上、見過ごすことができない状態になっている。

この対策として、森林の手入れの強制代執行を行ってはどうだろう。安全上放置できないと認定された森林の所有者に手入れの実施を勧告し、応じない場合は強制代執行を行うのだ。費用がまかなえない場合は、森林そのもので返済を行うことにする。勧告と強制代執行の実施、そして現物返済を行う場合の評価は専門機関を設置して行えばよい。

もちろんこの事業で収益が揚がるわけもないし、揚げようとしてはならない。不足する費用は国民生活の安全のための必要経費と考えるべきだ。税金は本来採算が合わない事業を行うためのものなのだから。

« NOVAの破綻 | Main | 劣化ウランの活用を »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 山林荒廃対策:

« NOVAの破綻 | Main | 劣化ウランの活用を »